病院薬剤師で高収入を得るには?

薬剤師転職-高収入求人について

職種に関係なく、働く上で収入面は重要なことです。できるならば、高収入を得たいと誰もが思っているでしょう。しかし、職業によって、収入に差はみられます。薬剤師の収入のレベルはどうかというと、高収入の域に入るでしょう。

ただ、薬剤師になってからすぐに高収入を得るというのは甘い考えです。高収入を得るには、それなりのスキルが必要です。研修など経て、薬剤師としての経験をしっかり積んでいく事が、高収入に繋がっていきます。

しかし、職場によっては、最初からある程度の収入を得ることが可能なケースもあります。そういった求人情報は、一般的な探し方ではなかなか見つけることはできません。非公開求人として転職サイトや求人サイトに依頼していることが多いからです。

病院薬剤師で高収入という条件で探すならば、やはり薬剤師専門の求人サイトなどを利用すべきでしょう。そうすれば、非公開求人情報などで、高収入の求人をキャッチする可能性も高くなります。

収入面を重視することも生活する上では大切なことですが、そればかりに重点を置いていては勤務してから後悔することもあるかもしれません。収入が高い反面、勤務日数や残業が多いということもあるからです。

暇な職場よりも忙しい職場の方が、薬剤師としてのやりがいもあるかもしれませんが、あまりにも多忙な職場環境では、休日もしっかり取れないというデメリットも考えられます。そうなると、ストレスが溜まったり、体調不良をおこして、結果的に転職する事態を招くかもしれません。

高収入というだけで飛びつかずに、休日もしっかり確保できるか否かを確認することも大切です。加えて、福利厚生が充実していると問題ないでしょう。但し、このような好条件の病院薬剤師の求人には応募が殺到することが予想されますので、かなりの競争率になるのは覚悟しておいた方がいいでしょう。

高い競争率の中で勝ち抜くには、上手く自己アピールすることが肝要です。求人サイトや転職サイトでは、そのための方法も伝授してくれますので、就活メリットの大きいサイトと言えるでしょう。


病院薬剤師のこれからは?

病院薬剤師になりたいけれど、いまの自分では無理だと考えている方も多いかもしれません。調剤薬局やドラッグストアでしか働いたことのない方は、特に病院薬剤師は敷居が高くみえるようです。しかし、病院薬剤師は今後、求人が増える可能性が高いといえますので、狭き門とは限らなくなってくるでしょう。中でも、病棟薬剤師の需要は高まっていくと思われます。

その背景には、病棟薬剤師配置による病院加算があります。入院患者専門の病棟薬剤師を配置すれば、病院側への加算が認可されますので、少しでも採算をあげようと、病棟薬剤師を設けて薬剤師のチーム医療参加に力を入れ始めている民間病院が増えてきているようです。

また、薬剤師のチーム医療参加は、医師や看護師からの要請も多いことから、病棟薬剤師の必要性は大きくなっています。チーム医療に参加すると、薬剤師は看護師への薬効指導、医師への処方提案、カンファレンス参加等々、非常に有意義な仕事をすることができます。スキルアップには最適な環境といえるでしょう。

そして、現在、多くの病院が薬剤師不足という問題に直面しています。医療分業に伴い、院内薬局を持たなくなった病院がほとんどですから、管理業務をこなせる程度の薬剤師しか抱えていないところが大半を占めています。ですから、病棟薬剤師の配置に可能な人数の薬剤師を持っていません。

病棟薬剤師加算にも、病院自体の医療の質を向上させるためにも、有能な薬剤師が必要になってきます。薬剤師を求めている病院が増えているということです。

しかし、いくら病院薬剤師の需要が高まりつつあるといっても、安易に病院を決めてしまうと先々後悔することにもなりかねません。病院薬剤師の待遇は、病院によって違いがあると認識しておきましょう。給与体系はもとより、職場環境にも違いがあります。

例えば、看護部の言うがままに動いている薬剤部長がいるような職場では、ストレスが溜まるばかりです。高飛車な医師が集まっているような病院でしたら、チーム医療の一員になっても、薬剤師として何も提案できない状態になるかもしれません。

病院薬剤師として、本来の役目を果たせる職場環境を選択するには、病院選びが何よりも重要です。病院側が提示する内容だけではなく、転職支援サービスを利用して病院の実状を把握するくらいの慎重さを持ちましょう。それが、就職成功へと繋がります。